海外FXのDD方式とは?

今回は、このチャンネルでもよく出てくる言葉でDD方式、NDD方式とは何なのか。について紹介していきます。

普段のFXトレードをしている中で何気なく使用しているFX業者なのですが、

実はFX業者ごとに顧客の注文を処理する仕組みが異なっています。

それを大きく分けるとご紹介した「DD方式」と「NDD方式」の二種類のFX業者があることになります。

実はこの処理方法の違いがトレーダーにとってもトレードする上で重要なポイントにもなってきます。

DD方式、NDD方式とは何なのか?

どちらが勝ちやすいのか?

FX業者はどうやって利益を得ているのか?

実はこういったことは普通の人はあまり気にしない方が多いのですが、業者選びのポイントとしてしっかり理解しておいていただきたいと思いますので、
今回はこの中の「DD方式」について解説していきたいと思います。

DD方式とは、Dealing Deskの略で、FX業者と顧客とで直接取引をする方式のことを言います。

店頭取引だったりB-BOOK方式とも呼ばれています。

Dealing DeskのDealing(ディーリング)とは証券会社が自社の資金で売買をして運用することを言います。

つまりDealing Deskとは、会社内で取引きが行われFX業者と顧客とで直接取引をする。
ということになります。

一般的にFX業者は顧客からの注文をインターバンク市場へ仲介してくれていると思われがちですが実は、

DD方式のFX業者では顧客の注文はインターバンクへは流さずに、FX業者内で処理されています。

ですので、普段、私たちが売買しているのはインターバンクから買っているのでなくFX業者との2者間での売買をしているということです。

これがDD方式といわれるものです。

DD方式の場合は、基本的に顧客とFX業者との取引となっているので顧客は「FX業者の言い値」で売買をしていることになります。

為替レートは、FX業者ごとの裁量で決定されているので、同じタイミングであっても

A社では99.99円

B社では100円

C社では100.01円というように価格が異なることもありますし、スプレッドも業者ごとに異なっています。

顧客の出した損失がそのままFX業者の利益となって顧客の出した利益はFX業者の損失となります。

DD方式ではこのように顧客とFX業者とで、どちらかしか利益が出ないようになっています。

ちなみに個人トレーダーの方の8割以上は負けていると言われており、そのマイナスの損失分の多くがFX業者の利益になっているとも言えます。

DD方式のメリット

DD方式のFX業者のメリットとしては、スプレッドが低いという特徴があります。

業者からすれば、少しでも多く取引をしてもらいより多く負けてくれた方がその分が利益になります。

そのため、取引きしてもらい易いようにスプレッドを低く設定されています。

スプレッドが低いので取引きにかかる手数料などのコストを抑えられるというメリットはあります。

余談ですが、国内業者の多くがこのDD方式であり、ガンガンCMして顧客を取り組んでいますが、かなり儲かるようです。

DD方式のデメリット

DD方式のデメリットとしては、FX業者の言い値でレートが決まるということで例えば、100円で買いを入れたとしても為替レートを操作されて、言い値の101円で買ったことになるといったような、いわゆるスベリということが起こる場合があります。

DD方式のFX業者では注文の処理方法が不透明なのでどこかで不正をされていたとしても、顧客はほとんど気がつくことなくトレードを続けてしまうという状態が起こり得るのです。

FX業者もビジネスですので、有利な取引となるように為替レート、スプレッド、スリッページなどを多少コントロールされる可能性もあります。

ただし、すべての取引きおいてすべての顧客に対してという訳ではないと思いますので、この例はあくまでもそういったことができると言う可能性です。

そういった意味では、トレーダーとしてはスプレッドが低い、手数料が低いからというだけが単にメリットとなるとは限りません。

ちなみに、日本でわかり易いところで言えば、パチンコやスロットもこのDD方式の部類に入り業者側が勝つようになっています。

今回、ご紹介したDD方式については違法でもありませんし、しっかりライセンスを所有している国内業者もあります。

一概に悪いという訳ではありませんが、トレーダーにとって不利なことも可能性としてあるということをご理解しておいていただければと思います。

次回は、もう一つのNDD方式について解説していきたいと思います。