国内FXと海外FXの違い

 

今回は国内FX業者と海外FX業者を比較してみたのでご紹介していきたいと思います。

海外FX業者では、XMを例として比較していきます。

まずXMの場合、ハイレバレッチとボーナスって言うところが注目されていますが、その他の面で安全さと取引においての有利さと言うところがあります。

そして今日はその中で比較内容として注文の方法だったりロスカットだったりレバレッジっていうところで比較していきたいと思います。

このことを理解することで、大事な資産を安全に運用できるように参考にしてみてください。

注文方法の違い

まず一つ目は注文方法の比較です。

国内のFX業者というのは、注文方式はDD方式と言われています。

DD方式がどういったものかと言うと顧客の注文をFX業者との2者間で行っているということです。

わかりやすく言うと、競馬だったりギャンブル類と同じで顧客の負けた分がそのまま業者側の利益となります。

そのため約定が滑りやすかったり、約定拒否された。と言うこともあります。

その分メリットとしては、取引手数料や取引コストが低く抑えられるということです。

逆にXMや多くの海外FX業者では、NDD方式とされていますので、顧客の負けがそのまま業者の利益にはならず、顧客の取引手数料が業者の利益となります。

分かりやすく言えば、仲介業で仲介手数料を払っているというイメージが近いです。

取引手数料が業者の利益となりますので、国内業者に比べ取引コストの面では海外FX業者の方が
自然と高くなってしまいます。

ですが、あくまで仲介ということで顧客の注文はインターバンク市場に流されますので約定拒否や滑りというのが発生しにくいということがメリットになります。

簡単にまとめると、国内業者の場合は顧客にどんどん負けてもらえばその分が利益になるので、取引しやすい環境を作っています。

海外業者の場合は、顧客に多くトレードをしてもらえるようにレバレッジとボーナスを付与する環境になっています。

ロスカットの違い

続いて2つ目のロスカットについてです。

国内FX業者ではほぼ全ての業者が証拠金維持率100%を下回ると100%を維持するために追証を求め強制ロスカットをします。

証拠金維持率がマイナスになってしまった場合には、その分も顧客が支払わなければならなくなり、

投入資金以上のマイナスとなってしまうケースがあります。

海外FX業者の場合は、ロスカット水準というのが20%になっていて、価格の急変動で一瞬でマイナスまでなるようなことがあってもゼロカットシステムが実装されているのでマイナス分は強制的にゼロということになります。

つまり追証がないということが海外FX業者の特徴でもあります。

注意点としましては、追証がないからと言ってつまり負けてもゼロだからと大きな経済指標での一発勝負や両建てでの取引はギャンブル要素もありますのでオススメしません。

レバレッジの違い

続いては3つ目はレバレッジについてです。

これはもうご存知の通りなんですけど国内では最大25倍で海外では、
XMの場合は最大888倍になります。

これによって何が変わるかっていうのは必要な証拠金というのが変わってきます。

ですので少ない資金で大きな取引ができるということは、レバレッジが高い海外FX業者の魅力といえます。

海外FX業者の中には、1000倍を超えるものもありますが、高くればその分、勝った時のお金の増え方は早いですが負けた時の資金を減りも早くなりあっという間に資金がショートしてしまうことがありますので、十分に慣れるまでは注意して1000倍以下で取引を始めることをオススメします。

安全性の違い

続いて4つ目は、資金の安全性についての比較です。

FX業者が仮に倒産してしまった場合に、預けていた資金がどうなるかということなんですが、国内業者では、信託保全が義務化されていますので、トレード以外において資金を失うという心配はありません。

海外業者の場合は任意になりますが、XMの場合、資金を分別保管していることと、万が一に備え保険に入っておりますので、もしもの時の安全性も守られていると言えます。

これは各業者ごとにより異なりますので予め認識しておく方がいいと思います。

資金面については、先ほどのゼロカットシステムのことを考えると元手の資金よりマイナスになるか、

資金がゼロになって終わりかという違いを考えると海外FX業者の方が
安全と考えて移行される方もいらっしゃいます。

相場の急変動での損失は可能性としては低いかもしれませんが資金管理の面では、万が一のことも考えておくことも大切です。

他の動画で、より詳しく解説や他の海外口座の比較もしてますのでご参考にしてみてください。